eco craft便り

アクセスカウンタ

zoom RSS コイリングの手法(エコクラフト)

<<   作成日時 : 2014/02/04 22:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

コイリングの方法には色々ありますが、ここではよく用いられる2つの方法について、巻き紐の通し方の違いと模様の出方の違いをまとめてみました。

* 縦縞模様になるコイリング

右回りでコイリングするときには、巻き紐を前段の目の上半分の右隣りにまっすぐに差し込んで巻きます。
画像画像画像









左回りでコイリングするときには、巻き紐を前段の目の上半分の左隣りにまっすぐに差し込んで巻きます。
画像画像画像









上のかごは、2色使いにして、目と目の間隔を広くしています。下のかごは単色で目と目の間隔を狭くしています。進行方向を上のかごは右回り、下のかごは左回りと変えているので、目の向きが違いますが、このコイリング方法ではどちらも縦に縞ができていきます。底は丸底なら放射状の模様ができます。




* 模様が斜めに流れるコイリング

右回りでコイリングするときは、前段の目の上半分の右隣から右斜め方向に、隣の目の後ろ側でクロスするように通します。
画像画像画像







この様に巻き紐を通しながらコイリングしていくと、右下から左上に向かって斜めに模様の流れができます。



左回りでコイリングするときは、巻き紐を前段の目の上半分の左隣から左斜め方向に、隣の目の後ろ側でクロスするように通します。
画像画像画像








この様に巻き紐を通しながらコイリングしていくと、左下から右上に向かって斜めに模様の流れができます。


コイリングした作品です。
画像画像画像








私のサイト「まゆみのエコクラフト」も是非ご覧ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コイリングの手法(エコクラフト) eco craft便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる