傘のモビール(エコクラフト)

まもなく関東地方も梅雨入りしそうですね。これから、傘の出番も多くなりそうですが、この季節にちなんで傘のモビールをエコクラフト(紙バンド)で作ってみました。触れるとゆらゆら揺れて、可愛らしいです。(支柱の高さ30cm)

kasa2.jpg
こちらは閉じた傘に小さな長靴を作って配置してみました。
(支柱の高さ20cm 傘の全長約7.5cm)

kasa3.jpg  kasa4.jpg


私のサイト「まゆみのエコクラフト」もぜひご覧ください。

ミモザのリース(エコクラフト)

ミモザのリースをエコクラフト(紙バンド)で作りました。
ミモザは、黄色くて丸っこい花が可憐でとても可愛らしくて、ここ数年、人気上昇中だそうです。
ミモザのリースをエコクラフトでできたらいいなと思い立ち、試行錯誤して作りました。ミモザの小さくて丸い花の形状や、葉の細い1葉1葉を工夫して何とか表現できました。ユーカリの葉も作って添えました。

mimoza.jpg mimozab.jpg
この作品は、お教室で希望された方にはお教えしています。

相模原カルチャーセンター古淵教室(第1、第3火曜日)
相模原カルチャーセンター駅ビル教室(第1、第3木曜日)
産経学園自由が丘教室(第2、第4水曜日)


私のサイト「まゆみのエコクラフト」もぜひご覧ください。

著者本「エコクラフトで作る編み地を楽しむかご」

新刊「エコクラフトで作る編み地を楽しむかご」が出ました。

2021book1.jpg  
荒関まゆみ 朝日新聞出版

5種類の技法から生まれる編み地のバリエーションの面白さを作品づくりに採り入れました。
色々作って楽しんでいただければ嬉しいです。

予約注文を頂いた方には、発送いたしました。

この本に掲載されている作品の一部を、私のサイト「まゆみのエコクラフト」の作品集バッグ3とかご2でご覧いただけます。


私のサイト「まゆみのエコクラフト」もぜひご覧ください。





著者本出版のお知らせです

私の著書「エコクラフトで作る編み地を楽しむかご」が朝日新聞出版から出ます。(2021年4月20日発売予定)

只今予約のご注文をこちらから受け付けています


2021book1.jpg

この本では、ねじり編み、矢羽編み、飛ばし編み、かけ編み、浮き出し模様編みの技法から生まれる編み地とそのバリエーションをご紹介しています。
同じ技法でも用い方によって趣の異なる編み地できて、作品つくりを楽しんでいただけるような内容になっています。
シンプルなデザインで、実用性のあるものばかりなので、ぜひ作ってみてください。

私のサイト「まゆみのエコクラフト」もぜひご覧ください。

新作 端午の節句飾り(エコクラフト)

1都3県の緊急事態宣言は解除されましたが、リバウンドが懸念されているなか、引き続き気を緩めずに暮らさなければいけませんね。

はやばやと桜も開花し、季節がどんどん進んでいくのが感じられます。もうすぐやってくる端午の節句に向けて、こいのぼりと兜を組み合わせた端午の節句飾りの新作をエコクラフト(紙バンド)で作りました。
季節の飾りを手作りして飾ると、目に触れるたびに楽しい気分になってきます。
koinobori&kabuto.jpg


私のサイト「まゆみのエコクラフト」もぜひご覧ください。

花結びでハート型の小物入れ(エコクラフト)

花結びでハート型の小物入れを作りました。
ハート型にするには、どうすればよいか考えながら編んでいくと、ほぼイメージ通りのハート型になりました。
ポイントは要所要所にさし紐を使うでした。可愛らしくできあがり、愛着が湧いています。

ha-tok.jpg ha-tokago2.jpg

この作品は、教室で希望された方にはお教えします。


私のサイト「まゆみのエコクラフト」もぜひご覧ください。

手作りのお雛様(エコクラフト)

節分も立春も過ぎ、春1番も吹いて春の訪れが間近に感じられる頃となりました。
桃の節句に向けて、エコクラフト(紙バンド)でお雛様を手作りしてみませんか。

mamebinaka.jpg   tatibinak.jpg
作り方は、私の著書「エコクラフトの雑貨 春夏秋冬」に詳しく載せています。
2019book3s.jpg

こちらのお雛様は教室で、希望された方にはお教えしています。

tatibina3.jpg  mamebinaa.jpg

相模原カルチャーセンター古淵教室(第1、第3火曜日)
相模原カルチャーセンター駅ビル教室(第1、第3木曜日)
産経学園自由が丘教室(第2、第4水曜日)


私のサイト「まゆみのエコクラフト」もぜひご覧ください。